カフェソファの弾力ウレタンクッションの魅力

カテゴリ:

座り心地にこだわる「匠ソファ」。
匠ソファの座り心地と言えば、
フェザークッションで包まれる心地良い座り心地をイメージします。

しかし、匠ソファには、他に類をみない「座り心地」があります。
それが、高密度ウレタンのみでフェザーを含まない、
「弾力ウレタンクッション」です。

ka1405093_R.jpg

すっきりワンシートで、モダンさを強調する座クッション。
見た目から想像する座り心地はどんなものでしょうか?

柔らかい感じはしませんよね?
どちらかという硬いかな?という印象だと思います。

「ほぼ正解です」

ka14052321_R.JPG

こちらが弾力ウレタンクッションに使用されている三層ウレタン。
50~55kgのウレタンというと、非常に高密度で硬めです。
上部に75kgのソフトウレタンを使用しているのですが、
これが、フェザーの代わりとなります。

体に最初に触れる部分が柔らかいと、
決して「硬い!」という印象にはなりません。


「硬い座り心地」のソファは簡単に作れます。
しかし、この弾力ウレタンクッションのように、
「程良く硬い」座り心地は職人技が必要です。


個人的に、この感覚の「座り心地」は他メーカーでは見たことがありません。
以前より、この座り心地は「もう一つの匠ソファの特徴」と考えていました。


「思ったより硬すぎない」
「硬いけど、なぜか心地良い」
これが、弾力ウレタンクッションに座られたお客様の感想です。


ka1405099_R.jpg

ご覧下さい。

普通のクッションだと、座った時に座面が沈み込みます。
カフェソファは、座面が沈む感じが見えませんね?
それでいて、硬すぎない、心地良い。

もちろん座った後の、クッションメンテナンスもそれほど必要ありません。
「お手入れ簡単ソファ」なのです。


ka14050911_R.jpg

ワンシートで沈み込みが少ないので、
オットマンをセットした時に、一体型のソファに見えます。
「自由自在に変えられるカウチソファ」のような感じです。

カウチソファなら、レイアウト変更などがしづらいのですが、
オットマンなら、スタイルに合わせ自由にレイアウトできますね。

弾力ウレタンクッションならではの楽しみ方です。


「カフェソファ」から始まる、匠ソファの弾力ウレタンクッション。
是非一度ご体感してみて下さい。

「カフェソファ」の詳しい説明はこちら

■匠ソファショップ各店へのお問い合わせはこちら!

<匠ソファショップ東京青山店>

 
OPEN/10:30~19:00(火曜定休日)
 TEL:03-3470-1181
 E-mail:aoyama@k-furniture.jp

_51X1608_3_2p_m_R.jpg


<匠ソファショップ大阪堀江店>

 
OPEN/10:30~19:00(火曜定休日)
 
TEL:06-6533-3800
 E-mail:osaka@k-furniture.jp

_51X0960_3p_R.jpg


<匠ソファショップKANEKA京都本店>

 
OPEN/10:00~19:00(火曜定休日)
 
TEL:075-922-0075
 E-mail:info@k-furniture.jp

_51X6876_3_p_s_R.jpg